UTMの必要性。セキュリティソフトで十分ではない!

新聞や雑誌などで大きく報じられるサイバー攻撃。お客様の個人情報や企業の機密情報が漏えいし、謝罪する企業経営者の姿がクローズアップされます。とりわけ標的型攻撃は、防御が困難とされ、多くの会社で対策が試行錯誤されています。 このようなニュースを他人事と考えていませんか?これは大きな誤解です。大小関係なく企業は標的型攻撃のターゲットとなっています。ほとんどの企業様では、ウィルス対策ソフトやファイアウォールで対策して大丈夫と思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、ウィルス対策ソフトとファイアウォールでは守りきれないことがあります。そこで、オススメなのがUTMです。

UTMとは

UTM(Unified Threat Management)とは統合脅威管理と呼ばれ、セキュリティ対策の1つです。簡単に説明すると、「インターネットの入り口で守るもの」になります。パソコンにウィルスなどの脅威が入ってくる前に排除ができます。

ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、不正侵入防御、コンテンツフィルタリング、アンチスパムなどの機能をセキュリティアプライアンスとしてゲートウェイ1台で処理が可能です。

組織のネットワークを脅かす様々なリスクに対し、個別に機器を導入し管理をするのではなく、集約により効率的な運用を目指しています。従来からある組織外部からのウィルスや、常に進化している各種の攻撃から防御するだけではありません。組織内部向けに、情報漏えいや有害サイトへのアクセス対策などを含む場合もあります。

UTMのメリット

外部からの不正アクセス

ファイアウォール機能・IPS/IDS機能がついています。外部からのデータ通信の監視、社内ネットワークへの不正アクセスを防ぎます。

ウィルス侵入

ファイルをダウンロードしたり、メールを受信する際に、ウィルスを検知し、駆除を行います。

不正webアクセス

ホームページを閲覧するときの通信を監視。閲覧している画像やダウンロードするファイルにウィルスが混入していないか検知、駆除します。

迷惑メール

大量かつ無差別に送られるような迷惑メールであるスパム、フィッシングメール等を検知します。フィッシングメールとは実在する企業やサービスを装ったメールを送りつけ、登録情報の確認などの名目で、IDやパスワード、クレジットカード番号などの個人情報を窃取する詐欺メールです。それらの盗難を防ぎます。

ネットワーク攻撃

外部からのDos攻撃など、ネットワーク攻撃を防ぎます。Dos攻撃とは、Denial Of Service”のことで、提供しているウェブサービスや、サーバやネットワークなどのリソースに意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスを妨害する攻撃のことを指します。

1つで多様な脅威から守るUTM

情報セキュリティの脅威と対抗策は、次々に変化してとどまることはありません。導入方法と機器の選択を迷っている場合は、まずは最小限の機器構成で、比較的低コストで始める方法もあります。お気軽に当社までご相談ください。