ビジネスフォンの導入のメリットとは?

ビジネスフォンって何?

ビジネスフォンと家庭用電話との大きな違いは、内線通話、保留転送、複数回線の接続です。異なる種類の回線(ひかり電話、IP電話、ISDN、アナログなど)を同一システムに収容したり、通話録音装置や留守番電話装置の追加、インターホン接続、などビジネス業務に必要な機能、サービスを組み合わせて利用することができます。

また、複数の回線をまとめることができる業務用電話システムとなり、複数の電話機(多機能電話機)と主装置(ME)の組み合わせによるシステムで、複数の回線を効率よく利用することが可能です。 ひかり電話やISDN回線、アナログ回線など異なる複数の回線を同時に収容(まとめることが)でき、ドアホンやFAXなどもシステムに組み込むことができます。

オフィスのこんな問題を解決できます!!

  • 総務で受けた電話を社長にまわしたい時に、総務デスクの電話機を取りに来てもらうことになる。
  • 営業の電話が鳴ったら、営業デスクまで電話を取りに行かなくてはならない。もしくは、電話が鳴っていることに気づけない。
  • 社長が総務に用事がある時、電話で用件を伝える場合は、外線→外線の為、通話料金が発生

  ↓↓↓

  • 総務で受けた電話を社長にまわしたい時に、社長の席の電話にスムーズに繋げれる
  • 営業の部署が全員留守であっても営業のデスクまで電話を取りにいかなくても、他の部署の者が電話対応が可能
  • 社内での電話やり取りは内線→内線の為、通話料金が発生しない

ビジネスフォンの導入には専門技術者の工事が必要!

初めてビジネスフォン(ビジネスホン)を導入される方の多くは「電話線を電話機に接続すれば使える」というように勘違いしているのではないでしょうか?ビジネスフォンはただ電話線を差し込んでも使用できません、主装置と呼ばれる機械が必要になります。また、主装置は電話機と合わせて使用するものなので単体で自由に選ぶわけにはいきません。

主装置1台に対して、接続可能な電話機の数などもメーカーや機種によって変わってきます。また、オフィスの席配置によっても繋げれない場合もあるので、経験豊富な専門技術者の工事が必要となります。

ビジネスフォンのメリットはわかっても、電話の機種の種類が多すぎて選べることができない。工事が大変そう。

ビジネスフォンのことなら弊社に全てお任せください。

1.必要な機器全て揃えています

ビジネスフォンを構築する機器は全て弊社で揃います

2.御社に合わせたビジネスフォンのご提案

経験豊富な担当者が御社のオフィスレイアウトに合わせてご提案いたします。

3.工事手配もスムーズ

専門技術を取得している工事担当者が、回線の手配を含めた設置工事を行います。

ビジネスフォンを新設・増設・移転する時の注意点

ビジネスフォンは新設や増設する場合でも、別の場所に移転する場合でも、それぞれ注意すべきことなどがあります。下記のトピックでまとめてありますので是非ご覧ください。