ビジネスフォンの移転に必要なことは?

オフィスを移転する際、今まで使っていたビジネスフォンをそのまま使いたいと思ってまいませんか?

オフィスを移転すると新しいオフィスのレイアウトに合わせて配線をしたり、電話回線を新しく申し込んだりと、新設工事をするのとあまり変わらない手間がかかってしまいます。電話機を移転する場合は、新設の場合と同じように専門業者に一度相談をすることが必要です。

ビジネスフォンの移転に必要なこと

移転工事は、

  1. 新しいオフィス(会社)での回線の手配をしておく
  2. 追加・増設が必要かの確認をする
  3. 移転日と電話機の工事をする日程を確認する
    ※移転日の1ヶ月半〜1ヶ月前までには準備が必要(NTTに申請登録をして工事までに必要な日数)

大きく上記の3つのことをおさえておくと良いかと思います。

新しく配線を敷いたり、電話回線の手配をしたりしてビジネスフォンを移転設置することは、専門業者の力を借りることが必要不可欠と言っても過言ではありません。もし今オフィスの移転、会社の拠点を変えるなど、ビジネスフォンの移設をお考えでしたら、ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

もちろん現場調査やお見積りは無料で行います。電話機の移転をするなら弊社にお任せください。まずはお気軽に、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。