みなさんは防犯対策できていますか?~防犯カメラのススメ

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋市中区丸の内よりお客様に最適なビジネスフォン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

すっかり秋の気配を感じるこのごろですが、今度は雨台風の甚大な被害が出てしまいました。

今や亜熱帯気候になりつつある日本。日ごろからの備えや対策を真剣に考える必要に迫られているように感じます。

 

今月のお当番はルーキー君です。

 

突然ですが、愛知県で自動車の盗難件数は何件あったかご存知ですか?

 

 

答えは、839件の盗難があり、全国でワースト4位です。

実際に弊社のお客様も車上荒らし等の盗難の被害に遭った方も少なくありません。

私自身もプライベートで買い物や遊びに行っても、立ち寄る施設にはよく「防犯カメラ」を目にします。

今の時代「防犯カメラ」がついているのが一般的になっていることがよくわかります。

 

あまり知られていないですが、みらいサポートでも防犯カメラを取り扱っております。

ここ最近は販売にも力を入れており、ご利用いただいているお客様の業種も導入理由もさまざまです。

今回のブログでは、防犯カメラの導入事例を紹介いたします。

 

  1. 一般防犯…空き巣、車上荒らし、強盗などを防ぐために導入される一番多いケースです。
  2. 従業員管理…管理者の目が行き渡りづらい、就業中の従業員に関する問題が起きた際に、実際の状況を映像で確認できます。近年では外国人労働者を雇っている会社が増えて来ており、思わぬトラブルが起きるため導入するケースもあります。
  3. 状況確認…来客や社内の様子も、最近では出張先や自宅からスマートフォンやモバイル端末などでの確認ができるようになっています。
  4. 機械監視…主に工場や作業現場で、機械がちゃんと正常に作動しているか等を別のフロアにいても確認するために導入されます。カメラを効果的に配置する事で従業員の削減などの経費削減にもつながります。
  5. 在庫管理…これに関しては運送業の会社が多いですが、食品の材料が入った冷蔵コンテナ内部などの記録、撮影もできます。
  6. 二次災害防止…地震などの自然災害時に、遠隔モニターにて状況の把握ができるため迅速に対応をすることができます。最近は避難しているところに窃盗を働く不届き者も多発しています。

 

ただ監視するといってもいろいろな背景があり、どちらかというとモニタリングを重視しているケースも増えてきております。カメラを導入することで、外からの犯罪だけでなく内側の犯罪防止、社員教育・業務改善にも役立てることができ、会社の資産を守ることにもつながっていくと考えられています。

 

少しでも気になることがあれば、ぜひお問い合わせください!

 

次回のブログも新しい情報等を紹介させて頂きます。