複合機でのプリント設定 ~自社製作チラシあるある~

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋市中区丸の内よりお客様に最適なビジネスフォン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

朝晩寒く、放射冷却のせいか窓ガラスも曇っていたりする日が増えてきました。

電車の中もマスク姿の人もちらほら。風疹も流行の兆しがあるようなので気をつけないとですね。

 

みらいサポートでは、10年の節目を記念して?スタッフ紹介も兼ねたご案内チラシを作成中です。

お付き合いのあるお客様へ発送の準備を進めています!

 

WEBオーダーのチラシ印刷会社も乱立する中、なんと、すべて自社製作という荒業を敢行。

手作り感満載(すぎるぐらい)で、作業している本人は“久々に腕が鳴るぜ!”と、ひそかに楽しんでいます。

 

こういったチラシを作成する際に、Officeであればexcel、Powerpointを使う方が多いのではないでしょうか。

WEBオーダーの納品データ形式も、だいたいの印刷会社でOfficeがカバーされています。

(オーダー時のデータ形式は指定されているのです)

こういった印刷会社を使う場合は、余白もいっぱいいっぱいまで削ってくれるのでとてもよいのですが、自社印刷をするとそこそこ残ってしまいもったいない気分になります。

とにかく、ギリギリいっぱいまで用紙を使いたいのでこんなことに気をつけて設定しています。

 

1.余白/スライドサイズを設定すべし

Excelで作成する場合は、印刷設定で余白を狭くします。

セルの幅もうまく調節することで無駄な余白を生まないようにします。

これは、改ページプレビューに切り替えてからセル幅(行幅)を調整していきます。

通常ビューでも、ガイドが出ているのでページの増減があると点線で示してくれます。

 

Powerpointで作成する場合は、まずスライドのサイズを出力用紙のサイズに変更します。

用紙サイズは、スタンダードにA4にしておいて、印刷設定の段階で変えても大丈夫です。

ワイド画面のままで作成してしまうと、最後にサイズ変更をしても画像の微調整が必要になります。

せっかく作ったもののバランスが崩れてしまったり、作りなおしをしなくてはいけなくなったりと、かえって時間がかかってしまいます…

余計な時間をかけたくない(せっかちなのかもしれない)わたしは、真っ先にこの設定をします。

 

モニターのサイズによっては作成中の全体像が見えづらかったり、スクロールがしづらかったりはありますが、最後の出来映えを考えるとこれが自分の中ではベストでした。

 

2.印刷設定は写真やCADを活用すべし

こちらは利用している複合機メーカーによるのでなんとも言えませんが…

だいたい同じような設定機能があるので試してみる価値はあるのではと思います。

チラシの内容によりけりですが、通常であれば写真とさまざまなフォントの文字が混在したものが出来上がります。いざ印刷してみると写真が揺れていたり、色味がよくなかったり、文字がぼけていたり。ということがありませんか?

そこで試すのが、印刷設定にある“印刷品質”の調整です。

 

4つほど項目があり、写真が多い、きれいに見せたいときは“写真”にします。

販促チラシなど、商材を目立たせたいときに、より鮮明に濃淡も表現できるこちらを設定します。

小さい文字など、細い線が多いときは“CAD”を選択します。

細かい部分もくっきり印刷できるので全体をしっかり見えるようにしたいときはこっちで設定します。

さらに画像をキレイにしたいときは、画像の目の粗さを“密”にするとよいです。

 

こだわりが強すぎるとけっこう大変ですが、いろんな設定でテスト印刷をしてみるのがよいです!

 

こんな感じで、Powerpointでのチラシ作りがほぼ趣味・特技のようになってしまった、く~のちょっとした小話でした。