ひかりコラボレーションは本当におトクか!?~こんな電話に困っていませんか

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋市中区丸の内よりお客様に最適なビジネスフォン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

今年は災害の多い年ですね。木曜日の夜中に北海道で大きな地震が起こりました。先日の大阪よりも大きく、被害も相当なものでした。計画停電の可能性もあるということで、今一度電力の使い方を考えさせられます。

 

今回は、営業のお兄さんからの注意喚起のようなお話しです。

最近お客様からのお問い合わせで多いのがひかりコラボレーションに関するお問い合わせです。

 

ひかりコラボレーションとは、NTTが様々な会社に代理販売させているひかり回線の事です。要は、NTTがひかり回線の卸売りを始めた訳です。

 

ここ数年で◯◯ひかりが爆発的に増えたのはこれが理由ですね。

 

お客様からの問い合わせとしては、変えて大丈夫か?本当に安くなるか?というものがほとんどです。

 

回線自体はNTTの物なので、品質は変わりませんし、何かができなくなる事も殆ど有りませんし、値段も多少は安くなる事が殆どです。ですが当然メリットデメリット有ります。また提供している企業によっても内容が違うので、大まかにまとめてみます。

 

❶コラボひかりとはなんだ?

携帯キャリアやプロバイダー会社のコラボひかりですが、特徴としては自社サービスと組み合わせる事でトータル的に安くなる点です。ひかり回線そのものはNTTと変わらない、若しくは若干高いが、プロバイダー料金や携帯料金が下がるので、トータル的には下がるという仕組みです。

 

メリットは金額が下がる点と、明細や請求が纏まる点です。

 

デメリットは携帯キャリアや、プロバイダーを変え辛くなる点です。殆どが携帯やプロバイダーの契約との組み合わせで、2年か3年縛りになるので、途中変更が難しくなります。

 

 

❷我々の様な通信業者が提供するひかりコラボレーション

 

特徴としてはひかり回線単体、若しくはプロバイダー契約との組み合わせで安くなるケースが多いです。

 

メリットは余計なサービスと組み合わせなくても単体で安くなる点です。デメリットですが…ひかり電話もご利用になられてる場合、一度変更すると、NTTに番号を戻せない、若しくはNTT以外の他の会社にも戻せなくなると言う点です。法人様や事業者様が電話番号を変えるにはHPから名刺まで色々根回しや準備が必要ですよね??万が一元に戻したい…となった時、これが大きな問題になります。

これは、❶のひかりコラボレーションでも同様のデメリットです。元に戻す方法がゼロでは有りません。ひかり回線以外のISDNやアナログには戻せますが、ご利用の番号によってはこれすら出来ないケースも有ります。

ひかりコラボレーションは色々な企業のサービスと組み合わせたりする事でお客様にも大きなメリットが有るケースも有ります!

ただしそれなりのデメリットもついて回る事をご理解して、契約して下さい!

 

最後のデメリットは非常に大きく感じるかも知れませんが、元に戻しさえしなければデメリットにはなりません。なので、もしやるなら本当に信用出来る業者を選ぶ事、携帯キャリア等を変える予定が有るか無いか…現段階で言うとこの辺りがカギになりますね!

ひかりコラボレーション、検討する時の参考にして下さい!!

 

勿論弊社でもRet’sひかりという、ひかりコラボレーションを取り扱いしております!!