インターネットが遅い時に確認すべきこと

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋市中区丸の内よりお客様に最適なビジネスホン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

台風の当たり年なのか、次々にやってくるようですね。

晩夏になってきてゲリラ豪雨も心配な時期です。被災地だけでなく、全国で警戒が必要ですね。

 

今日のお当番はサムライこと技術のお兄さんです。

日々お客様先で設置からメンテナンス、お困りごと対応などを一挙に引き受けているからこそ伝えられる情報をまとめてくれました。

 

前にインターネット・wifiが止まった時の対処法を簡潔に記しましたが、インターネット・wifiが遅いとお客様に呼ばれることも非常に多いです。インターネットが遅い原因は様々ですが、こちらの原因も場合によってはお客様で解決ができる可能性があります。 今回はインターネットやwi-fiが遅い時の対処法・見直してみるべき点など簡潔に記していきたいと思います。

 まずはやはり再起動!!

まずは、インターネットは1台のパソコンだけでなく他のパソコン・wi-fiを登録しているスマートフォン全てで遅いのか、それとも単独で遅いのか確認してみてください。

もし全体で遅い場合は、インターネットの中心になっているルーター・光回線側が怪しくなってきますが、単独でパソコンやスマートフォンだけが遅いという場合は端末側の問題の可能性が高くなります。そういう時はまずはその端末を再起動してみてください。

もしくはルーター、もし、ルーターの手前にも別のモデム(ONU)がある場合はそれも再起動・電源の抜き差しをしてみて下さい。

大体の事はこれで改善されます。

 Wifiルーターの置き場所を見直してみる!!

インターネットを無線wi-fiで利用されている場合、wi-fiルーターの置き場所を変えてみるだけで改善される場合もあります。

Wi-Fiの電波は壁で遮られたり、距離が離れたりすると弱くなるため、部屋のドアを開けるか閉めるかだけでも届きやすさが変わるくらいナイーブなものです。

ほかにも、電子レンジなど電波を出すような家電の近くに無線wi-fiを置いていたりすると、電波の干渉を受け調子が悪くなることもあるため、こういった場合はまず置き場所を変えてみてください。

LANケーブルを変えてみる!!

パソコンなどでインターネットをする時、有線のLANケーブルをつないで利用されている方も多いかと思います。今はインターネット回線も1ギガが主流になっております。LANケーブルの規格がそこにあっていないと、インターネット回線も本来の力が発揮できません。

LANケーブルに規格?と思われるかもしれませんが実はあります。古いケーブルだと100メガまでしか対応できません。もし4~5年以上前に買ったLANケーブルをそのまま使われている方はLANケーブルを疑ってみてもいいかもしれません。LANケーブルを見るとケーブル部分に何やら英語で規格が記されていますので、もしCAT5(カテゴリー5)とケーブルに書かれている場合は早急にギガ対応ケーブルに交換しましょう。

電気屋さんで購入できますので、CAT5eもしくはCAT6eと書かれているLANケーブルに交換してみてください。

 

プロバイダを変えてみる!!

プロバイダを他社に変えるだけで改善される場合もあります。

実際にあったのが、あるお客様でインターネットが遅いとの事でよく対応をしてました。ただ、実際に私が訪問する時はいつも速度も安定しており、ネットもサクサクと動いてます。お客様が言うには早い時は早いけど急に遅い時はとても遅く、時間帯で早くなったり遅くなったりなるとの事。

プロバイダを見ているとマイナーなプロバイダだったため、試しに別プロバイダに変えてみた所、そこのお客様の症状は改善されました。

 

簡潔に記しましたが、大概のことは上記の事で速度が改善されます。それでも改善されない場合は、そもそもの回線自体の問題、パソコンやパソコンに入っているソフト、ネットにつないでいる端末自体の問題等になります。

仕事も一般生活もネットが主流の今の世の中、インターネットが遅いのは死活問題です。

弊社はこういったトラブルにも対応できますので、是非お気軽にご連絡ください!!