災害に遭ったときの備えをしましょう!~事務総務のみなさんへ~

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋市中区丸の内よりお客様に最適なビジネスホン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

先週から続く豪雨ではとても大きな被害が出ています。被災された方、今もまだ困難が続いている多くの方にお見舞い申し上げます。

先ほど被災エリアでの梅雨明けが発表されましたが、土にはたくさんの水分が含まれています。

河川もいつ増水するかわかりません。鉄砲水は急に起こります。

不要に立ち寄らぬよう、気をつけてください。

 

雨が落ち着き、ご自宅や会社・店舗など、ご利用の電話機なども一緒に被災して片付けをされていることと思います。

少しずつですが、各社のHPにて対応についての周知が掲載され始めています。

そこで慌てない対応を自分なりにまとめてみました。

いざとなると書類が出てこない!など、意外と困るのではないでしょうか…

わたしも自信がありません(苦笑

 

『普段の備え』

1.書類の保管

契約書類は専用ファイルを作成して、鍵付きキャビネットへ!

決まった場所に保管しておくことで迷子にさせない。

余裕のあるときにファイリングしなおしてインデックスも貼っておくとさらによし。

 

2.連絡先の保管

契約書類にサポートセンターの連絡先の記載はあるけど古くなっている場合も…

定期的に更新できるとよい。(わたしもコレ出来てません。戒めを込めて書きます)

PC紛失に備えて書類ファイルに連絡先一覧を入れておくとGOOD

 

3.情報収集をしておく

実際に起こってしまった場合、どうしたら?!と慌ててしまわないように過去の事例を調べて、書類ファイルと一緒に保管しておくと慌てないはず…

 

『実際に被害に遭ってしまったら』

1.状況を控えておく

NTT回線の場合だと、電話回線が使えなくなった期間の基本使用料を差し引いてくれる措置があるそうです。(過去の災害でも実施)

混乱の中ですが、いつ使えなくなっていることがわかったか。など、わかる範囲で控えておくと確実です。

リース物件についても同様に、事実を確認した日時など控えておくとよさそうです。

 

2.復旧させるには

ビジネスリース物件は、契約と同時に保険がかけられていることが多いです。

天災(人為的なものではない)による破損は、リース会社の保険で修理・交換ができます。

条件や費用はケースによって変わるようなので契約時の書類を確認して、リース会社へ相談します。

ご家庭での利用などの、リース以外の場合は、多くは販売店への相談となります。契約書類、保証書に記載がないか確認してみましょう。

 

NTT回線を含むライフラインの復旧には、かなりの時間を要します。

無料WIFIの開放や、特設公衆電話の設置などの対策が早急に進められています。

避難先や自治体の案内に従って、まずは身の安全を確保したうえでご家族、仲間の安全を確認してください!

NTT、各携帯会社では、災害伝言板が開設されています。

こちらも定期的にテスト訓練なども実施されているので、参加してみるのも備えですね!

例年夏の終わりまでゲリラ豪雨に注意が必要=このあとも気を抜けないということです。

ご家庭、社内で、抜かりのないよう備えていきましょう。