仕事の効率もアップしコスト削減にもつながるビジネスホン

仕事の効率もアップしコスト削減にも

仕事をする上で、クライアント様や取引業者様とのやり取りに必需品の電話機。
携帯が普及しているとはいえ、オフィスでは固定電話でやり取りが主流です。

しかし、家庭用電話を各個人に一台ずつ設置した場合こんなことが起きてしまいます。

 

●総務で受けた電話を社長にまわしたい時に、総務デスクの電話機を取りに来てもらうことになる。

●営業の電話が鳴ったら、営業デスクまで電話を取りに行かなくてはならない。
もしくは、電話が鳴っていることに気づけない。

●社長が総務に用事がある時、電話で用件を伝える場合は、外線→外線の為、通話料金が発生

 

以上の問題を解決してくれるのがビジネスホンとなり、一般電話と違い重宝されます。

ビジネスホンと家庭用電話との大きな違いは、内線通話、保留転送、複数回線の接続です。異なる種類の回線(ひかり電話、IP電話、ISDN、アナログなど)を同一システムに収容したり、通話録音装置や留守番電話装置の追加、インターホン接続、などビジネス業務に必要な機能、サービスを組み合わせて利用することができます。

 

また、複数の回線をまとめることができる業務用電話システムとなり、複数の電話機(多機能電話機)と主装置(ME)の組み合わせによるシステムで、複数の回線を効率よく利用することが可能です。 ひかり電話やISDN回線、アナログ回線など異なる複数の回線を同時に収容(まとめることが)でき、ドアホンやFAXなどもシステムに組み込むことができます。

家庭向け一般電話のように電話機の台数分だけ電話回線が必要になることがないのでコストの削減もでき、ビジネスにはなくてはならない電話システムです。

 

簡単に言うと、ビジネスホンを使えるようにする為には主装置という機器が必要で、その主装置を元にそれぞれ配置された電話機にコードを繋げば通話が可能になるという仕組みとなります。

 

主装置とビジネスホンの関係

主装置とビジネスホンの関係についてご紹介いたします。
主装置と電話機の関係は「同一メーカー」で「同一機種」でないと、ほとんどが動作しません。
仮に同一メーカーで同一機種であったとしても、機種によってはその電話機に合わせたデータ設定を行わないと通常の動作をしない可能性もあります。

ビジネスホンの主装置の中には、初期設置当時の使用環境に合わせてユニットが組み込まれている場合もあります。その主装置内の端末ユニットが不足している場合は電話機を接続しても動きません。

 

接続台数はユニットとは?

主装置を見ると接続可能台数が書かれています。
しかし、これはあくまでも“接続可能”な台数ということで、本当の接続台数はその主装置の中にある“ユニット”と呼ばれる基盤で決まります。
設置の際には、まず必要な台数を検討し、席の配置から電話のレイアウトを決めていくことが必要になります。

 

接続台数についての使用例

例えば、ビジネスホンは6基で十分と考え、最大16基まで接続可能な主装置内の主要ユニットを半分の8基分に設定しました。
使用するビジネスホンが6基で済んでいるうちはこれで問題はありません。

しかし、その後、事業が順調に進み、従業員が増え、必要なビジネスホンは12基になったとします。

 

このオフィスの主装置に接続可能な台数は16基ですから、それより少ない12基ならば問題なく使用できるように思えます。しかし、この考えは間違いです。この主装置に組み込んである主要ユニットは8基分までしかありませんから、増やせるビジネスホンは2機までです。

ここで残りの4基を追加したい場合は、主要ユニットを増加させる必要があるのです。

接続台数とユニットについては、わかりにくい部分がございますので、お気軽に当社にお問い合わせください。