通信機器の世界は難しい。

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋丸の内よりお客様に最適なビジネスホン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

早いもので4月ももう終わり、GWが近づいてきました。

あっという間ですね。

 

この春から、担当していただいているリース会社の担当さんが交代になりました。3社も…

1社の方は、まったく違う部署から来たそうで、通信機器の知識は皆無。

大変なんです~@@; とお話ししていました。

わたし自身も、見たことはあってもそれがなんなのか全く知りませんでした。

 

話にあがったのは、UTMというネットセキュリティの機器。

インターネットを経由したウイルス感染などを防いでくれるものです。

一言にネットセキュリティといえども、いろんな方法・機器があるんです。

大きな企業さんだと、しっかりした部署があり費用を出して問題のないように運用がされています。

でも、中小企業になるとそういうわけにもいきません。

扱っている情報に、量は違えど内容は変わりないのに…

 

スパム・ウイルスなど、見えない脅威にさらされているのに、個人情報保護法により責任重大なインターネットの世界。

見えるような問題が起こったときにはすでに手遅れになるケースが多いのも事実です。

マンパワーでデータにパスをかけたり、ファイルをバラバラにして数回にわけて送ったり…情報が漏れないように手間をかけているところもあるのではないでしょうか。

手間を減らす活動として、設備チェックを実施すると何が必要か見えてくるようになります。

こんなシートもあるので、気になる方は業者さんに相談してみるのもよいですね!