心の貧しさのがヒドいんだよ?

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋丸の内よりお客様に最適なビジネスホン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

いよいよ花粉が全盛期に入りつつありますね。今年は昨年の2倍の飛散量とか。

戦えないよ~(; ;)

 

さて、いきなりインパクトのあるタイトルをつけてしまいましたが、どんなことにもつながると思います。

貧しいというと、貧困=お金?と結びつくことが多いです。

でも、心が貧しいんです。

心=心臓ではなくて、思いやり/感謝/尊敬/敬愛…いろんな感情にまつわる言葉が連想されます。

心が貧しい=相手に対する感情がない?!と感じることを指しているのです。

 

世の中では、お金でまかり通ってしまうことも多々あります。

だけどそれってとっても空虚な感じがします。

○○だけの関係 よく聞かれる言葉ですが、これって感情がないドライなものを指しますよね?

所詮、そういう関係だからお金で片付けようとするんです。(そうじゃないこともあるかもですが…)

 

お客様と売り手の関係も同じですね。

ドライな関係だと、何かあっても頼ってもらえない/頼れない、惰性で次もお願いする。

なんてことになってしまいます。

かゆいところに手が届くというのはなかなか難しいですが、

なんでもないときに顔を出したり電話を掛けてみたりすることで少しずつ距離が縮まるものです。

 

みらいサポートでは、そういった活動を行いながら長いお付き合いをさせていただいているお客様も

多くいらっしゃいます。

今日も、お誕生日のお花を届けた方から、お礼のハガキをいただきました。

年に一度のことですが、毎年楽しみにしていただけているのがよく伝わるものでした。

 

心が貧しいとロボットにお仕事取られちゃうぞ!なんて子どもみたいなことを考えながら、

やっぱり人の感情って大事なんだなと思うできごとでした。