テストプリントをしたい新人くん @複合機前

みなさんこんにちは!!みらいサポートのブログへようこそ^^

今日も名古屋丸の内でお客様に最適なビジネスホン、複合機などのOA機器をご提案すべく活動しています。

 

更新担当のく~です!

今年も残り10日に。出勤日もいよいよカウントダウンが始まりました。

年賀状の受付も始まり、こちらもいよいよ冷や汗が。

 

手書きの(しかも会社として出す)年賀状を書き慣れていない、わたくしと新人くん。

書き損じをしまくり、枚数不足に…。そこで急きょプリントすることに。

そんな中、起こった出来事をノンフィクションでお送りします。

 

複合機とデスクを行ったりきたり。なにやらごそごそしている新人くん。

サムライと心優しい営業さんが取り囲み(!!)優しく()声をかけました。

 

侍:なにやっとるんや~

新:いやっ(

※ベテラン3人はこの時点で、印刷したいことを察知&複合機の自動送り装置に裏紙があるのを確認

優:テストすんの?

新:はい~

 

ここで間違いに気づいたあなたは、立派な事務担当デスネ。

 

話を戻して、ポチっとな。

複合機さんが動きましたが、用意した裏紙はびくともしません。

 

そりゃそうだ!!

自動送り装置=APF 自動で原本を読み取ってくれる装置。

ここにセットしても意味ないYO~!!!

と突っ込むも、本人は気がつかず、納得してなさそうな顔が印象的でした。

節約のために裏紙を手差しで使おうとしたのはNICEだったのに…どこか残念なのです。

 

結局、面倒見の良い()先輩2人に付っきりでレクチャーを受けながらテストをしていました。

3人でデスクと複合機をゾロゾロ。笑

そんなに広くないオフィスを黒い塊がウロウロ。

ハガキは最終的にわたくしで印刷してしまい、彼がうまくできるようになったのかはよくわかりません。

 

こんな風に、ナイスなメンズに囲まれて、笑いに溢れた()お仕事ができる会社なのです。

 

ちなみに…

ハガキなど通常トレイ/カセット以外の用紙での印刷は、複合機の横に畳まれている手差しを使用します。

原本は自動送り装置で読み取りできますよ!

印刷設定は、複合機とPC両方でしないとキレイに印刷できないこともあります…

納得できるまで試行錯誤の世界ですね。